banner

banner banner banner

化粧品の定義について

banner 化粧品は、薬事法の第二条第三項で定義づけられています。そこに明記されている効果を持ち、条件を満たしているものが、化粧品とみなされているのです。具体的には、まずは体を清潔にする効果のあるものです。これには、ボディソープやシャンプーなどが該当します。次に、美化する効果があるものです。これには、ファンデーションやアイシャドウや香水などが該当します。そして、肌や毛髪の健やかさを保つ効果のあるものです。これは、ローションや美容液やヘアエッセンスなどです。これらの効果のいずれかを有し、体に塗ったり散布したりして使うものを、化粧品と呼ぶのです。雑菌を除去する効果や炎症を抑える効果などが加えられている場合には、化粧品ではなく医薬部外品に分類されることになります。

プライベートジム

松山市 不動産

松山市 リフォーム

化粧品 定義一覧

banner 化粧品を値段だけで選んでいませんか。高いからと敬遠していませんか。高価格にはそれなりの理由があるので

高い化粧品には理由があります

banner 高い化粧品の品質について考えると、やはりブランドと言われるメーカーが作る化粧品に関しては、多くの研究

高い化粧品の品質について

banner 現在、シミ治療で皮膚科に通院中です。レーザー治療やハイドロキノンの塗布でシミ治療しています。その病院

皮膚科で購入した高い化粧品

Copyright(c) 2011 化粧品 定義 All Rights Reserved.